ローコストで平屋を建てる!

都心通勤+58坪+庭付き+新築+注文+平屋=3300万円

アラサーほやほや夫婦が平屋の完全注文住宅を建てる、その全記録です。頭金は300万円、ローンは3000万円におさめるのが目標です。値切りまくってます。

【スポンサーリンク】

 

 

キッチンをイケアにするという選択。

先日キッチンや洗面台の価格をパナソニックと比較するため、イケアに足を運んできました。

ちなみに我が家の理想はこんな感じのキッチンです。

f:id:labra0403doll:20170603095836j:plain

ま、現実はこんなに広くないですが笑

あくまで理想。

 

 

 

 

 

当日は図面等何も持たずに行ってしまったのですが、イケアはパナソニックのショールームとは大違いでゼロからジュウまで自分たちで選んで決めていかなければなりません。(設置場所の採寸もしないとダメなんですよー)

これは大きな誤算でした笑

てっきりモデルルームにあるキッチンで気に入ったのがあったら適当に伝えるだけで工務店さんとやり取りして色々やってくれるのかと思っていた。

そこは外資系企業。

 

セルフサービス( `ー´)ノ

 

スタッフさんに聞けば選び方や購入方法なんかは教えてもらえますが、これまた難解で主人はまったくワケがわからんかったと申しておりました。

 

なので今記事ではイケアキッチンを検討している方がスムーズに決めていただけるよう流れをご説明しつつ(あと重要なのは価格ですよね)、こんな家具もあったよー(*'▽')とゆるく紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【イケアキッチンの選び方】

〇その1〇

 前もってキッチンの設置予定場所の採寸を行う。

 私たちはまだ建ってすらいないので図面からだいたいの長さをひろいました。

 イケアにはおしゃれなデザインのカッティングボードや取っ手が手ごろなお値段でたくさん存在するので、一緒に住まう方々とどのような雰囲気のキッチンにしたいのかある程度お話されておいた方がいいと思います。

 パナソニックじゃ予算の関係で選ぶ余地とかあんまなかったな…(-"-)

 

〇その2〇

 イケアに行く。

 スタッフさんからガイドを受けながら部材や設備機器を決定していきます。

 しかしここからが肝心で、イケアのキッチンはけっこう独特な選び方をします。

 

 (設置箇所の広さにあわせて)箱を選ぶのです!

 

 箱の幅は色々あるので一例を挙げると…

・シンク(ファミリーサイズ) 80cm

・コンロ 60cm or 75cm or 90cm

・調理台 15cm or 20cm or 40cm or 60cm 80cm

 これらを設置個所の広さに合わせて好きなように組み合わせていくんですよね。

 だから事前の採寸が非常に重要となってきます。

 

 我が家の場合だと、L字型の長い方の辺がおよそ1900mm、短い方は何mmでも良いのですがあまりに長すぎるとダイニングが狭くなってしまうので1300mmよりは短くしたいと思っていました。

 しかもL字型の短い方にレンジフードをつけなくてはならないので、必然的にコンロは短い方に設置しなくてはならず、L字型の長い方にシンク・冷蔵庫を持ってこないとダメだよね、という結果に。

 

 ごちゃごちゃ言っててもわかりづらいと思いますので、イケアホームプランナーで作成した3D画像がこちら。

f:id:labra0403doll:20170603103847p:plain

 冷蔵庫の右側から順に、

 15cmの調理台

 80cmのシンク

 コーナー用調理台

 60cmのIHコンロ

 40cmの調理台

…となっております。

 要するに箱を5個選んだことになりますね。

 冷蔵庫のむかって左側に冷蔵庫丸見えを避けるための壁用の隙間が空いていますが、これは冷蔵庫をDIYすることにしたので左によせちゃってキッチン幅を広げる予定です。

 

〇その4〇

 設備機器を決める。

 レンジフードやコンロ・シンク、水栓等を選んでいきます。

 レンジフードは機能によってよりどりみどり。お値段もピンキリ。

 コンロはトーストも焼けちゃうグリルが付いていると高かったりしますが、そこまでバカ高い印象は受けませんでした。

 シンクと水栓は国外製のものとTOTO製のものから選べます。

 とても勉強になったことがありまして、海外では水ってとっても貴重なんですよね。日本だと水道水も飲めちゃいますけど、向こうの方々はわざわざミネラルウォーターを購入して飲む。

 文化の違いがこういう設備機器にも現れているのだなぁと。

 水は大切だから日本みたいに水道から水を流しながらお皿をジャパジャパ洗ったりしないで、1つのシンクに付け置きして汚れがふやけてから、チョロチョロ流れる水と少ない洗剤で洗い落とす、的な。

 なのでシンクが2つあるタイプがけっこう多かったです。

f:id:labra0403doll:20170603111156j:plain

 排水も日本製のものより遅いらしく、日本製からこれに変えたら「つまってるんじゃないの!?」って思う方も少なくないのだとか。

 と、言いつつ「節水できていいんじゃないの」と海外製を採用しました。

 使い勝手についてはまたリポートしますね。

 

〇その5〇

 カッティングボードや調理台の材質を決める。

 これはスタッフさんと相談しながら決めるのが一番だと思います。

 それぞれの材質の特徴やメリット・デメリットがあるので教えてもらえますし、自分たちの使い方にあったものを選ばないといけないので。

 しかも調理台は厚さが2.8cmと3.8cmが選べるのですが、設備機器をどれにしたかによって3.8cmにしなければならなかったりまたその逆もあったりするようです。

 私たちはオーク材の3.8cmにしました。

 やはり水回りで使用する木材ということもあり手入れが必要なのですが、どうせ床の無垢材も保護材塗らなきゃだし今さらめんどうでもないか?ということで。

 

とまぁ、イケアキッチンは非常に独特ですが国内製のありきたりなデザインに飽きている方には非常に向いていること請け合いです。

これらの行程を手間だと思う方には…今後のメンテナンス等も含めてあまりオススメしません。

 

最後に価格にいきましょうか。

 

我が家の見積もりにあったパナソニックのI型システムキッチンは色々選びたいところをかなりガマンして施工費を含め45万円。

イケアのL字型は選びたいものを選びまくって(レンジフードは安いものにしましたが)、施工費を含め49万円でした。

 

本体価格だけで言うならイケアの方がダントツ安かったです。

 

施工費ははっきり言って工務店さんの言い値。

施工費11万円というのは、海外製で慣れない作業になり時間がかかること、説明書が雑で外国語表記であることからこの値段なのだそうです。

ぼったくってない??笑

と言いたかったのですが、この値段にケチをつけて適当な工事されるのもイヤなのでガマンするのでした…。

 

 

 

 

さてさてイケアにこんなのありましたよ報告会です。

まず探していたフィギュアケース。

f:id:labra0403doll:20170603114624j:plain

楽天やアマゾンで探していたのですがなかなかお値段とルックスに納得いかずでした。

イケアのはレトロでアメリカンな感じがすごく良い!

というわけでこちらをリビングのどこかに置くことに。

 

 

 

 

f:id:labra0403doll:20170603115142j:plain

観葉植物がかけられるベッド。

ベッドの高さもある上にマットレスも分厚くて、ベッドに上がるのに一苦労でした笑

しかしながら下が開いているので収納にもなるし、観葉植物じゃなくてもなんでもかけられるなら使い勝手もよさそうです。

マットレスは薄くして…笑

 

 

 

 

 

こんな感じで第一回イケア会議は終了です。

後もう1,2回ほど行って実際に注文・手配となりそうです。

 

育休が明け仕事に復帰したためあまり更新できていませんが、打ち合わせも直近で2回ほどありました。

建築申請をお願いしたり、玄関ポーチのタイルを見せていただいたり扉やサッシの仕様を決めたりとバタバタしてきました。

着工が7月頭。

どんな家になるのか楽しみです!

減坪でいくら減ったのか。

結論から申し上げます。

2坪減らしましたが、その額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったの55万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77万円 / 坪で2坪も減らしたのに、

55万円しか減らへんってどういうことやねん。

 

満額の140万円とまでは行かなくても、「100万円くらいは安くなるかぁ」なんて思っていたので、悪い意味でショックでした。

 

今日はこの辺で。

 

PS 値切ります。

水回りのグレードを決めにパナソニックショールームへ

新橋のパナソニックショールーム

当日は直接ショールームへ。

工務店さんが予約しておいて下さったので、受付で案内係の方と合流し、色々聞いて回りました。

こんなことまで決めるの!?というくらいこまかい色決めやグレード決めがありましたので、もう箇条書きにしちゃいます。

※ちなみにお世話になっている工務店ではキッチンはIHが基本です。オール電化なので。

 

【キッチン回り】

・流し台のシンク色

ステンレスのようなシルバーか、調理台と同じ大理石にするのか。

大理石にすると調理台との継ぎ目がないのでお掃除が超ラクなのですが、+4万くらいだったかな?

表向きは「おしゃれじゃない?」ということで大理石を採用しました。(もちろんその分お風呂を削りましたよ…)

現実は、掃除がめんどうであんまりやらないため(部屋でもルンバがやってくれている)、少しでも掃除のハードルを下げるための措置です。

要するにただの手抜きです。はい。

 

・調理台の高さ

身長÷2+15cmが使いやすいそうで、私の身長にあわせて95cm?くらいにしてもらいました。

やっぱり高くなればなるほどお値段もアップするわけですが、営業担当の方が高めに設定してくれていたので特に問題はありませんでした。

 

・IHのコンロ数とグリルの有無

我が家には優秀な電子レンジ君がいるのでグリルを一切使っていません。

魚もグラタンもみんな電子レンジ。

なのでグリルなし、かつIC3つ横並びに。

普通はこういう並びですよね。

f:id:labra0403doll:20170429101124j:plain

しかし我が家はこちらに。

f:id:labra0403doll:20170429101207j:plain

3つ横に並べるとやはりその分だけ調理台が狭くなるんですが、これまでワンルームのキッチンや3LDKなのに調理台の幅が狭いキッチンでずっとやってきたものですから、コンロ3つ横並びにしたくらいじゃまったく狭さを感じず、奥にあるよりこっちの方が使いやすくない!?ということで…3つ横並びを採用しました。

(私の料理に対する無頓着さがどんどん暴露されていきそうですね。まぁいいや。)

ちなみにグリルなしにしても値段は変わりません。むしろこれにしたことで6万アップ。(やばい)

しかし、"使わないものがある"というのが好きではないので敢えて。

他にも"火が付いているときにわっかの部分が赤く光る機能"っていうのがあるんですが、これをつけると4万アップだそうで…。

+αの機能でも「え、それだけで!?」みたいなのもかなり多かったです。

※わっかの部分が光らなくても手元の表示に見れば火がついているか否かはわかるようになっています。

 

・換気扇の色

IHに合わせてブラックに。

これはブラックが標準でした。

シルバーもありますが、確か+2,3万だったような…。

 

・換気扇の高さ

これは調理台から70cm~90cmくらいの間から選べます。

お値段はどれも変わりません。

ショールームにあったモデルが75cmだったので75cmにしておきました。

低いよりは高い方が開放感があるそうですが、たかだか十数センチの差ですし「高すぎるとお掃除がしにくいですよ」というアドバイスをいただいたのでモデル通りで。

 

・収納の色

こちらもグレードが確か5段階くらいあったと記憶していて、1つグレードを上げるたびに10万アップだと担当の方が教えてくれました。

もともとの見積もりは、工務店の営業担当さんが"そこそこいいものをつけた前提"で出してくださっていたのでむちゃくちゃ吊り上がる、ということはなかったです。

我が家は下から2番目のグレードで赤色に。

 

・収納に着ける取っ手

予算の都合上3つからしか選べませんでした。

特にこだわりもないのでIH・換気扇と合わせてブラックに。

 

【お手洗い】

・トイレ本体

アラウーノというシリーズから選びます。

3つグレードがあって、私たちは家の坪数を22坪にするためお手洗いを1畳から0.75畳に変更したので必然的に本体に手を洗う水道が付いているものに。(っていうかこれが一番グレード的に低く、グレードが上のものには水道がついていませんんでした。代わりにフタが自動であいたり、泡洗浄だったりと庶民にはなじみのない機能が…笑)

 

・ペーパーホルダー

これはけっこうバカバカしいというか、なんのしゃれっ気もないペーパーホルダーとタオルハンガーだけで1万円するという。

自分でDIYした方がオシャレで安いよね、ということでつけるのをやめました。

 

【お風呂】

f:id:labra0403doll:20170429095931j:plain

予想図はこんな感じ。

 

・浴槽と床、正面のアクセントカラーの色

これらもキッチンの収納と同様グレードがあります。

我が家は一番低いものにして5~10万円の節約。

 

・シャワーの色

シルバーや白色から選べました。

白色はちょっとプラスチックっぽくて微妙だったのでシルバーに。

お値段はシルバーの方が6,000円くらい高かったような?

 

・蛇口の色

シャワーに合わせてシルバーに。

これ先ほどの白色もあるんですが、白色だと高いんですよね。

なぜかと言うと白色の方はこういう感じで、

f:id:labra0403doll:20170429170604j:plain

洗いやすいんです!

しかしシルバーのは、

f:id:labra0403doll:20170429170641j:plain

ってな感じで凹凸があるため洗いにくい=お値段が安い。ということらしいです。

洗いやすいタイプのシルバーがあればかっこよかったんですが、白色は先ほども書きました通りなんだかプラスチックっぽくて…。

 

・収納のタイプ

シャンプーやら石鹸やら置く棚にもグレードがあってやっぱりメタリックのかっこいいようなのはお高いです。

我が家は下から3番目?くらいのホワイトに。

 

【洗面台】

・洗面台本体

幅90cmのものを選んだのですが、キャンセルしてイケアで調達する予定です。

なんせ高い(笑)

なのにオシャレじゃない。普通の洗面台。

「イケアなら同じ値段でもっと私たちの家に合ったものが買えるよね」ってことで。

 

ショールームは思いのほか決めることが多い

これから行かれる方は事前にどんな風にしたいのか、ご家族で話し合ってイメージを共有しておくといいんじゃないかと思います。

私たち夫婦は水回りに対するこだわりなんてないので淡々と決まりましたが、"キッチンにこだわる奥様"や"お風呂にこだわりたい旦那様"がいるとけっこうモメたり、時間がかかってしまって帰るころにはみんなクタクタ…というお客様が多い、と案内係の方が教えてくれました。

まぁでも、このショールームで選んだものは最終決定ではないので今後の変更も可能ですし、(我が家もすでに洗面台キャンセルが決定している…)あまり一生懸命に決めなくてもいいかと…。

 

明日は"ショールームで選んだ水回り&22坪"の見積もりをもとに打ち合わせが入っているので、近いうちにご報告いたします。